大手脱毛サロンのアトピー肌への脱毛対応はどんな感じ?

MENU
大手脱毛サロンのアトピー肌への脱毛対応はどんな感じ?

大手脱毛サロンのアトピー肌への脱毛対応

大手脱毛サロンのアトピー肌への脱毛対応としては、医師の同意書の提示を求められることがあります。脱毛サロンでは基本的に医療機関ではありませんので、アトピー肌への光照射の契約は、安易にはすることはありません。もしも光脱毛の施術を行ったことで、お客さんの肌状態にトラブルを発生させてしまったとしても、責任を取ることができないためです。大手脱毛サロンといっても、そこにはお医者さんも看護師もいませんので、エステティシャンでは肌トラブルに、早急な処置は行うことができないのです。肌を冷やすか、病院を紹介するかですが、お客さんは病院まで自分で行くしかないのです。医学の知識も資格もないエステティシャンでは、お客さんのアトピーの状態で、光脱毛ができるかの判断はできないです。そのため病院で正式に、エステサロンでの光脱毛をして良いことを、医師の同意書をもらってくることで証明させる必要があります。これはエステサロン側の責任にされないための防御策でもありますし、お客さんの肌のためでもあります。

 

病院での同意書何度の発行には料金がかかりますが、お医者さんがアトピーの状態を見て判断し、脱毛しても大丈夫という太鼓判を押してくれた方が、本人としても安心感が持てるでしょう。エステサロンではアトピーの肌状態に対しては、契約をするかどうかはサロンにもよります。傷のようになって出血を伴っていたり、誰が見てもひどいアトピーの状態でしたら、それはアトピーを治療することを優先させたほうが良いとわかります。

 

ですがアトピーといっても、とても軽度なレベルであって、出血や傷などもなく時に問題がないと分かれば、脱毛ができないわけではありません。むしろ、アトピー肌の場合は、自分で行うムダ毛処理はやめたほうがいいです。アトピーであってもムダ毛は生えるので、カミソリなどで自己処理をすることで、肌は弱くなるためです。大手脱毛サロンでは念には念を入れますので、指示に従いましょう。