ニードル脱毛の施術方法について

MENU
ニードル脱毛の施術方法について

ニードル脱毛の施術方法等について

ニードル脱毛とは、様々な種類のある脱毛方法の一つです。プローブと呼ばれる専用の細い針を使って行なわれます。このプローブを毛穴に挿入して、微弱な電流を流します。これによって発毛組織にダメージを与えて、毛母細胞を腐食させるという脱毛方法です。プローブを毛の流れに沿って挿入するので、施術の時には5mmから1cmくらい毛を生やした状態で施術を行なうという特徴があります。

 

ニードル脱毛の一番のメリットは、一度施術を行なうと、再び毛が生えてくる可能性が極めて低い事にあります。また、白髪や金髪でも脱毛が可能だという事もメリットとして挙げられます。そのため光脱毛等のように、黒い毛しか脱毛が出来ないという心配はないです。他にも一本ずつ処理をするので、デザイン的な脱毛をする事も可能です。

 

逆にニードル脱毛の一番のデメリットとしては、施術の際の痛みが強い事が挙げられます。例え細くとも針を毛穴に挿入するわけですから、かなりの痛みを伴います。そのため、この痛みに耐えられずに、途中で脱毛を断念してしまう人も少なくないです。
他には、施術時間が長い事もデメリットとしてあります。毛穴に針を正確に挿入するには、それなりの技術と経験が必要になります。そのため、ある程度の時間がかかってしまうのです。